安全インプラント手術

麻酔を使うインプラント

インプラントは安全な施術方法

インプラントは安全性が高く、手術は局所麻酔で行ないます。カウンセリングと歯や歯茎に病気があれば治療をした上で行なわれますので心配いりません。歯茎にネジ状の金属を埋める手術を行ない、入院の必要もなく日帰りで行ないます。歯の治療と同じように、歯茎に局所麻酔を行ないますが、それでも不安な方には点滴に安定剤を入れ、少しウトウトする状態で手術を行ないます。インプラントは歯茎にしっかり固定される期間が数ヶ月要し、切開をして頭出しをして接合部品を取り付けます。歯型をとってできあがったら被せますが、その間は周囲の歯が動かないように入れ歯を入れておきます。

インプラントは局所麻酔で安全

インプラントをしたくても、手術をするのが怖いと感じる患者さんがいます。確かに、歯茎を切り開いてチタンを埋め込むという説明を聞くと恐怖心を感じます。しかし、手術は麻酔をしてから行うため、痛みは一切感じません。使われるのは局所麻酔なので、意識もしっかりした状態で安全性も高いです。インプラントで痛みを伴うのは手術のみで、その他の治療で痛みを感じることはありません。ですから、手術さえ乗り越えれば、あとは失った噛む機能や見た目を回復させるための処置を行うことができ、快適なお口の状態に近づくことができます。

↑PAGE TOP

Copyright © 麻酔を使うインプラント All rights reserved